一生に数度しか経験しない相続は、大切な家族を失った後に、とても複雑な手続や相続税申告を求められる大変な出来事です。

むらずみ経営グループは、様々な専門家が力を合わせ、ワンストップで手続や申告のご支援をいたします。また、円満な相続や合法的な節税を実現するため、相続対策のご支援も行っております。

 

相続発生後の手続き

相続手続は100種類以上あります。相続人を調査するための戸籍を集めることから、相続財産の調査、各種名義変更、預貯金などの解約換金、遺産分割協議など、人によって必要な手続きは様々です。手続きが漏れたまま代替わりしてしまうと、後の問題が大きくなります。「あの時にやっておけば、こんなことにはならなかったのに・・・」ということがないようにしましょう。

 

相続税の申告

亡くなった人の財産が一定の金額を超える場合には、相続税の申告が必要です。相続税の申告は亡くなった日から10か月以内に行わなければいけません。それまでに全ての財産の金額を確定させなければいけません。

財産の金額を確定するには、様々な規定や特例が設けられています。これらを知らずに申告してしまうと、後でより大きな税金の支払いが必要になったり、余計な税金を支払ってしまうことになります。

 

相続対策(生前対策)

相続に関する対策は、相続人の間で争いになる「争族」を未然に防止する「相続対策」と、相続税を可能な限り安くするための節税や、相続税の納税資金の準備などを行う「相続税対策」があります。事前に対策をすることで、安心してご相続を迎えることができます。