トップページ » お役立ちツール » 新規開業お宝情報 » 開業プランのノウハウ

新規開業お宝情報 1.開業プランのノウハウ

1.開業プランのノウハウ

(1)開業まで検討しておくべきこと

事業構想の立案 ・開業動機と目的の確認、経営者としての自覚
・市場や顧客の動向
・事業のセールスポイント
・客観的に見た事業の見込
事業形態 ・許認可が必要か
・個人事業か法人事業か
・チェーン店加盟
営業予定地 ・事業に合わせた場所の決定
・店舗併用か賃貸か
・立地調査(人口、環境等)
資金計画 ・生活費
・開業までの設備投資額
・軌道に乗るまでの運転資金
・融資先の検討
営業方針等の具体的方法 ・市場、顧客の明確化
・宣伝、広告

(2)開業プランの立て方

※商品分類や売上高は一例です。

①開業プランの概要

●事業構想と将来イメージ

開業プランは、始めようとしているビジネスを具体的にするために書くものであり、何度でも書き直しながら、再点検を行い、実現可能なプランへと直していくことを心掛けます。他人が見ても理解しやすい内容とし、机上の空論ではなく、現実に則したものとします。また、事業を立ち上げ、継続することで将来的にどのような会社にしたいか、といったビジョンを具体的に立てます。

●事業の具体的内容

事業構想が大きな道筋をつける総論であり、ここではより詳しい内容を説明する各論となります。提供する商品やサービス・技術の具体的内容、同業他社との比較、商品・事業の特徴やセールスポイント、顧客のニーズにいかにマッチしたものであるかを分かりやすく説明します。

②販売計画

開業プランの概要を検討した後、具体的にそれを数字に展開します。販売基本方針、顧客ターゲット・出店地・商圏、販売ルート・回収条件、販売価格、広告宣伝方法を検討します。さらに売上単価、売上数量の計算根拠を検討した後、月別に1年間の売上高を項目別に算出します。

月次売上計画
 4月5月合計
数量単価売上数量単価売上数量単価売上
フード 3,500 700 2,450,000 4,500 750 3,375,000 8,000 728 5,825,000
ドリンク 1,750 400 700,000 2,500 400 1,000,000 4,250 400 1,700,000
デザート 350 420 147,000 450 350 157,500 800 381 304,500
合計 5,600 1,520 3,297,000 7,450 1,500 4,532,500 13,050 1,509 7,829,500

③仕入外注計画

仕入・外注基本方針、仕入・外注ルート決済条件、在庫計画、仕入価格等を検討します。さらに、仕入単価・数量の計算根拠を検討した後、月別に1年間の仕入・外注費を項目別に算出します。

月次仕入外注計画
 4月5月合計
数量単価仕入数量単価仕入数量単価仕入
フード 3,500 245 857,500 4,500 263 1,181,250 8,000 255 2,038,750
ドリンク 1,750 112 196,000 2,500 120 300,000 4,250 117 496,000
デザート 350 147 51,450 450 123 55,125 800 133 106,575
合計 5,600 504 1,104,950 7,450 505 1,536,375 13,050 505 2,641,325

④人員計画

組織上の基本方針、業務分担、人員、就業時間等を検討します。人件費を各人別に給料、交通費、社会保険料、所得税等別に検討します。

⑤販売費・一般管理費計画

販売費及び一般管理費の基本方針、設備の減価償却費等を算出し、1ヶ月の費用を試算し検討します。

1カ月の費用試算
費用内容金額
人件費 店長、料理長(各35万)
アルバイト 8名
700,000
640,000
減価償却費   200,000
その他の費用
(水道光熱費、家賃等)
家賃
水道光熱費
雑費
300,000
197,820
164,850
     
合計    

⑥開業資金計画

独立にあたって、開業資金はいくら必要で、それをどのように調達するかを検討することは、最も大切なことです。設備資金(機械・事務用備品・敷金等)と運転資金(仕入・人件費・家賃等の3ヶ月分程度)に分けて見積もります。

 必要な資金金額調達方法金額
設備資金 ・店舗、事務所にかかる費用
 敷金・仲介手数料・家賃等
・店舗、事務所の什器、機械等
・会社設立費用
・その他
1,000,000

15,000,000
500,000
500,000
自己資金

借入金

12,000,000

12,000,000

運転資金 ・商品仕入費用
・宣伝広告費
・家賃
・人件費
・借入金返済等
1,000,000
1,000,000
900,000
4,020,000
360,000
   

⑦損益計画

販売計画、仕入外注計画、人員計画、販売費・一般管理費計画等で算出した数字を集計して月別(12カ月)の損益計算を計算します。

損益計算書
 4月5月 合計
売上 3,297,000 4,532,500   7,829,500
売上原価 1,104,950 1,536,375   2,641,325
売上総利益 2,192,050 2,996,125   5,188,175
 人件費 1,340,000 1,340,000   2,680,000
 家賃 300,000 300,000   600,000
 減価償却費 200,000 200,000   400,000
 水道光熱費 197,820 271,950 469,770
 雑費 164,850 226,625   391,475
         
 小計 2,202,670 2,338,575   4,541,245
営業利益 -10,620 657,550   646,930
支払利息 30,000 30,000   60,000
経常利益 -40,620 627,550   586,930

⑧資金計画

損益計画で算出した数字に基づいて、実際のお金の出入りで手許に現金が残るかどうか検討します。

資金繰り計画
 4月5月 合計
前月繰越 5,000,000 5,228,490   -
現金売上 2,967,300 4,079,250   7,046,550
売掛金の回収 250,000 329,700   579,700
        0
 収入計 3,217,300 4,408,950   7,626,250
現金仕入 883,960 1,229,100   2,113,060
買掛金の支払 180,000 220,990   400,990
        0
人件費 1,340,000 1,340,000   2,680,000
家賃 300,000 300,000   600,000
その他 164,850 226,625   391,475
 支出計 2,868,810 3,316,715   6,185,525
差引過不足 5,348,490 6,320,725   -
借入金返済 120,000 120,000   240,000
翌月繰越 5,228,490 6,200,725   -

⑨長期計画

実際の借入をする場合、返済が終了するまでの長期計画を作成するようにします。年間の損益計算を算出し、税引後当期利益と減価償却費をプラスした数字を返済原資として、借入金を返済した後、お金が残るかどうかを検討します。

長期計画
 2期3期4期5期
売上 24,000,000 48,000,000 50,000,000  
売上原価 8,096,532 16,193,065 16,867,776  
売上総利益 15,903,468 31,806,935 33,132,224  
 販売費一般管理費 19,824,030 27,840,828 29,000,862  
 営業利益 -3,920,562 3,966,108 4,131,362  
 支払利息 270,000 327,600 284,400  
経常利益 -4,190,562 3,638,508 3,846,962  
税引後当期利益① -4,190,562 3,638,508 3,846,962  
 減価償却費② 1,800,000 2,400,000 2,160,000  
借入金返済③ 1,080,000 1,440,000 1,440,000  
手許余剰④=①+②-③ 3,529,438 8,127,945 12,694,907  

※1期目は営業6ヶ月、3ヶ月は準備期間としている。

  • お問い合わせ
  • 無料ツール
  • 無料小冊子
  • 会社概要

PAGE TOP