トップページ » 税金・社会保険事例集 » 社会保険の事例 » 老齢厚生年金の支給停止について

老齢厚生年金の支給停止について

私は現在65歳(男)です。今年の3月で定年退職しました。副業でアパート経営をしており、不動産収入があります。

在職中は老齢厚生年金が一部支給停止となっていましたが、今後も収入があれば支給停止になるのでしょうか?

老齢厚生年金が支給停止になるのは、厚生年金の被保険者のみです。

つまり、厚生年金の加入期間中(在職中)に老齢厚生年金を受給する場合は、給与と年金額に応じて年金が支給停止となります。

ご質問のケースは、現在は厚生年金の被保険者ではありませんので、他に収入があったとしても、老齢厚生年金は満額支給されますのでご安心ください。

老齢厚生年金とは?

厚生年金の被保険者期間がある方が、老齢基礎年金の資格期間(原則、保険料納付済期間+免除期間+合算対象期間が25年以上)を満たす場合に、65歳(厚生年金の被保険者期間が1年以上ある方は、生年月日によって60歳~64歳)から受給することができる年金です。

【事例作成日】2010年8月4日

愛する街への、私たちができること。

愛着のある街で経営を続けたい。好きな街で開業したい。長年住んだ街に恩返しをしたい。そんな想いを持った経営者さま、初回のご相談は無料となっておりますので是非、ご相談ください。

無料相談はこちらのメールフォームへ

  • お問い合わせ
  • 無料ツール
  • 無料小冊子
  • 会社概要

PAGE TOP